定義

WHOの定義

世界保健機構(WHO)の定義は以下のとおりです。

病的賭博(PATHOLOGICAL GAMBLING)

この障害は、社会的、職業的、物質的および家庭的な価値と義務遂行を損なうまでに患者の生活を支配する、頻回で反復する賭博のエピソードから成り立っている。

この障害を有する人々は、自分の仕事を危機に陥れ、多額の負債を負い、嘘をついたり法律を犯して金を得たり、あるいは負債の支払いを避けたりすることがある。
患者たちは、賭博をしたいと言う強い衝動を抑えることが困難であり、それとともに賭博行為やそれを取り巻く状況の観念やイメージが頭から離れなくなると述べる。これら没頭や衝動は、生活にストレスが多くなると、しばしば増強する。この障害はまた強迫賭博と呼ばれるが、この用語は、行動が専門的な意味では強迫でないし、強迫神経症に関連した障害でもないのであまり適切でない。

診断ガイドライン

本障害の本質的な特徴は以下のとおりである。

(a)持続的に繰り返される賭博。
(b)貧困になる、家族関係が損なわれる、そして、個人的生活が崩壊するなどの、不利な社会的結果を招くにもかかわらず、持続し、しばしば増強する。
〈含〉強迫賭博

アメリカ精神医学会(AMERICAN PSYCHIATRIC ASSOCIATION APA)の定義

病的賭博(DSM-Ⅳの定義)とは?

A.以下のうち5つ(または、それ以上)によって示される持続的で反復的な不適応的賭博行為

  1. 賭博にとらわれている(例:過去の賭博を生き生きと再体験すること、ハンディを付けること、または次の賭けの計画を立てること、または賭博をするために金背印を獲る方法を考えることにとらわれている。
  2. 興奮を得たいがために、掛け金の額を増やして賭博をしたい欲求。
  3. 賭博するのを抑える、減らす、やめるなどの努力を繰り返し成功しなかったとがある。
  4. 賭博をするのを減らしたり、またはやめたりすると落ち着かなくなる。またはいらいらする。
  5. 問題から逃避する手段として、または不快な気分(例:無気力、罪悪感、不安、抑うつ)を解消する手段として賭博をする。
  6. 賭博で金をすったあと、別の日にそれを取り戻しに帰ってくることが多い。(失った金を深追いすること)
  7. 賭博へののめりこみを隠すために、家族、治療者、またはそれ以外の人に嘘をつく。
  8. 賭博の資金を得るために、偽造、詐欺、窃盗、横領などの非合法的行為に手を染めたことがある。
  9. 賭博のために、重要な人間関係、仕事、教育または職業上の機会を危険にさらし、または失ったことがある。
  10. 賭博によって引き起こされた絶望的な経済状態を救うために、他人に金を出してくれるように頼る。

B.その賭博行動は、躁病エピソードではうまく説明されない。

※アメリカ精神医学会(AMERICAN PSYCHIATRIC ASSOCIATION APA)DSM-Ⅳ「精神疾患の分類と診断の手引き」より抜粋

施設案内

NPO法人ギャンブル依存ファミリーセンター
ホープヒル

〒241- 0826
神奈川県横浜市旭区東希望が丘133-1第3コーポラスC棟508号室
TEL&FAX:045-364-5289
営業時間:11:00~19:00
定休日:日・祝祭日
MAIL:mm.machida@nifty.com

Copyright (C) ホープヒル All Rights Reserved.